03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
iTunes Hit chart
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
PROFILE
LATEST ENTRY
CATEGORY
iTunes
 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)

TSUTAYA
TSUTAYA online
Shop.TOL
by TSUTAYA online
でびでび
ブログセンター
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
<< アフタースクール | top | 米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
BUCK-TICK「memeto mori」
評価:
BUCK-TICK
【ディスク1】
  1. 真っ赤な夜-Bloody-
  2. Les Enfants Terribles
  3. GALAXY
  4. アンブレラ
  5. 勝手にしやがれ
  6. Coyote
  7. Message
  8. Memento mori
  9. Jonathan Jet-Coaster
  10. スズメバチ
  11. Lullaby-III
  12. MOTEL 13
  13. セレナーデ -愛しのアンブレラ-Sweety-
  14. 天使は誰だ
  15. HEAVEN

BUCK-TICK「memeto mori  BUCK-TICK - memento mori

Information
BUCK-TICKの16枚目となるオリジナル・アルバム。
シングル「HEAVEN」、「GALAXY」収録。
初回盤DVDにはアルバムのメイキング映像がおさめられている。

Review
星4つです。

前作「天使のリボルバー」がバンドサウンドを重視したアルバムだったわけですが、
今回もそこは変わっていないような気がします。
メインに歌(ボーカル)があって、リズム隊があって、ギターがあってみたいな。

しかし、今作では、このバンドサウンドに、さらに色んな要素・アレンジを取り入れることで、
より自由で激しいロックアルバムになっています。

その最たる例が、アルバムのタイトル曲でもある「memento mori」
沖縄音階(琉球音階)を取り入れたロックナンバーなのですが、
沖縄音階の持つ独特の明るさと、BUCK-TICKの持つ毒々しさの混ざりあってなんとも異色の曲になっています。
これが成り立ってしまうのもBUCK-TICKだからか。

また、「Message」のピアノから入るイントロや「セレナーデ」のようなアメリカンポップもこれまでにないパターンですし、それから、シングル「GALAXY」のような明るいロックナンバーも久しぶり。

勿論、「真っ赤な夜」「Les Enfants Terribles」「アンブレラ」「Johnathan Jet-Coaster」「スズメバチ」「天使は誰だ」のようなアグレッシブ、攻撃的なロックナンバーも健在で、サウンドは前作以上に激しい。

このほかにもスカを取り入れた曲、アコースティックナンバー、バラード、ダンサンブルなナンバーなど様々なサウンドがあり、幅広いサウンドのアルバムとなっています。
多様なサウンドがありますがアルバムとしても、深くまとまっています。

アルバムのたびに次々と新しいサウンドやロックを示していきながらも、BUCK-TICKらしさを深化させているなと改めて思いました。

おすすめは
3.  GALAXY
6.  coyote
7.  Message
8.  memento mori
9.  Johnathan Jet-Coaster
14. 天使は誰だ
あたりで。

JUGEMテーマ:ROCK

前作「天使のリボルバー」のレビューはこちら
TAKUYA | CDレビュー た行〜は行 | 22:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 22:00 | - | - | pookmark |
Comment